株式会社 キビラ様

KiBERAというオーダーシューズブランドが、女性の抱える姿勢に関する悩みを解決するブランドとなり得ることを世間に認知させ、女性の美しさは姿勢に左右されるという情報(=抽象的知見)を集約・統計化し、データベース化(=具体的情報)。業界初となる「左右サイズ違いのオーダーシューズサービス」をパワーコンテンツ化するために「足に合う靴を履く=姿勢が綺麗に見える=女性の美力向上」というストーリーを「確かなエビデンス」を持って用意しました。

[消費者インサイトの研究]
一般の方500名を対象に、消費者インサイトとして「姿勢が悪いと老けて見える」という認識が世間に浸透していることを確認。周囲の目から見た自分は「姿勢」によって大きく左右されているという事実を、導き出しました。

[新サービス発表会]
アンダーズ東京にて「左右サイズ違いのオーダーシューズサービス」発表会を開催。 阿久根教授による「科学的」視点と、アンミカ及び元おニャン子の「インフルエンサーによる体験」という二方向から、「姿勢と靴の関係」をメディアに対して訴求。結果としてNHKを含むメディア31媒体を集客(うちムービー9台)。新サービス・新商品を広く知ってもらえました。

またメディアフックとして、「姿勢と美に関する情報ファイル(ファクトブック)」を作成。「靴・足・美」及びその周辺情報をまとめたブックレットとして来場メディアへ配布致しました。これにより、メディアにとって「取り上げやすい」文脈(ストーリー)をその場で提供する事ができました。結果としてメディア誘致はもちろん、情報の「取り上げられ方」を示すことができ、より効果的なPRへと繋げることが可能になります。